宅配水歴史とは

水道水が飲める日本では、宅配水の歴史はそれほど深いものではないようです。
ウォーターサーバーも、オフィス用や飲食店などで使われている業務用のようなものがほとんどでした。
家庭用の宅配水サービスが普及してきたのは、2000年に入ってからです。
と同時に、ペットボトルで水を携帯するのが流行り、スーパーなどでもボトルを購入してもらい、水を配給するタイプのウォーターサーバーが置かれました。
また、運ぶのが重たいペットボトル飲料が売れ出したのは、インターネットの普及とも関連性があります。
さらに、東日本大震災以降、水の安全と備蓄の必要性が出てきてから、宅配水を販売する業者が増えて、フランチャイズ化されたことによって日本中に広がっています。
アルピナウォーターに苦情?口コミ悪い?【私のサーバーお試し体験談】